[広告] 楽天市場

  • カープ 選手名アクリルキーホルダー ネームプレートタイプ田中/梵/堂林/丸/大瀬良/野村/中崎/新井/菊池/鈴木/各選手広島カープ オリジナル 選手応援 広島東洋カープグッズ
  • 子ども用 ユニフォーム KIKUCHI 33 菊池 選手 ホーム)110cm 110cm〜120cm子供 ユニホーム 2017 新発売 広島 東洋 カープ
  • 【CARPグッズ】広島カープ CARP×TIPS ダイカットシール 菊池涼介 CP-JS-005 ★きくちりょうすけRYOSUKE KIKUCHI背番号33番二塁手内野手/広島カープのステッカーシール/広島カープデザイン広島カープグッズ/HIROSHIMA CARP×TIPS★【3cmメール便OK】
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン 菊池 シルエット 1】菊池涼介/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン 菊池 シルエット 3】菊池涼介/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【CARPグッズ】広島カープ CARP×TIPS ロールふせん 菊池涼介選手 CP-RF-004 幅5cm×5M巻 ★きくちりょうすけ選手の付箋RYOSUKE KIKUCHI背番号33番内野手/広島カープデザイン広島カープグッズ/HIROSHIMA CARP×TIPS★【3cmメール便不可】


カープ 菊池 関連ツイート

【朗報】菊池涼介、27歳の誕生日を中日・平田良介と日ハム・中田翔に、サプライズの「誕生日ケーキ」でお祝いされる!!#carp #カープ #侍ジャパン

➡カープ菊池涼介、中田翔&平田良介に誕生日ケーキでお祝いされるwwwww -… https://t.co/hMnTGjTAp6

【定期】僕は広島東洋カープの大ファンです!カープファンの方フォローよろしくお願いします!必ずフォロー返します!
ちなみに好きな選手は、丸佳浩、菊池涼介、エルドレッド、田中広輔、大瀬良大地、松山竜平、一岡竜司、鈴木誠也、新井貴浩、會澤翼、中崎翔太です!
RT @YS758: ドラゴンズ田島投手
 侍ジャパン練習。投内連携の練習もあり、同級生のカープ菊池選手からは「ぶーちゃんカモン! ぶーちゃんカモン!」。すっかり『ぶーちゃん』というニックネームが定着しているのかと思いきや…
「菊池、何か言ってましたけど、何言ってるか全然分から…

カープ 菊池バカ日誌11

巨人 大竹のFA移籍は本当に失敗だったのか?大竹と 広島一岡の年俸が逆転したが異論あり

いつも動画をみてくださり
ありがとうございます。感謝。

どっちが人的保証!?

2017/12/15 12:00 Baseball Crix 編集部から引用:

大竹と一岡の年俸が逆転…大竹のFA移籍は本当に失敗だったのか

あくまで推定の話であるが、巨人の大竹寛の年俸と広島の一岡竜司の年俸が逆転した。大竹は広島からFAで巨人に移籍し、その時の人的補償で広島へ移籍したのが一岡である。今シーズンオフの契約更改で、大竹は1750万円減の5250万円で契約更改。
一方の一岡は、2500万円増の5300万円でサインしたと言われている。巨人サイドから見れば、得たものよりも失ったものが大きかったと言われる大竹のFA移籍であるが、彼の獲得は本当に失敗だったのであろうか。

■大竹と一岡の移籍後の成績は?
大竹は2013年のオフにFA宣言し、当時所属していた広島から巨人へ移籍した。この時の契約は3年5億円とも言われており、大竹はFAで大型契約を勝ち取った選手と言えるだろう。そんな大竹が巨人へ移籍してからの成績は、下記のようなものであった。

年度 登板 勝利 敗北 S H 防御率
2014 22 9 6 0 0 3.98
2015 11 3 4 0 0 3.21
2016 17 6 6 0 0 3.55
2017 13 4 4 0 0 5.09

決して全く活躍できなかったという数字ではないのだが、3年5億円という契約を考えれば期待以下の成績だったと言わざるを得ないだろう。3年契約の最終年である2016年のオフに、大竹は3000万円ダウンで契約を更改しており、背水の陣で臨んだ今シーズンであったが、13試合に登板して4勝4敗、防御率5.09と結果を残すことはできなかった。

そんな大竹のFA移籍に伴う人的補償で、巨人から広島へ移籍した一岡。彼が広島に移ってからの成績は下記の通りである。

年度 登板 勝利 敗北 S H 防御率
2014 31 2 0 2 16 0.58
2015 38 2 4 1 7 4.14
2016 27 1 1 0 5 1.82
2017 59 6 2 1 19 1.85

一岡は2011年にドラフト3位で巨人に入団しており、巨人での2年間ではわずか13試合の登板であったが、広島に移った初年度には31試合に登板するなど、広島にとって欠かせない選手へ成長していった。

特に今シーズンは自己最多の59試合に登板するなど、リーグ優勝に大きく貢献。4年で年俸がおよそ半分となった大竹に対し、一岡は4年で年俸が5倍になるなど、対照的な移籍の2人となったのである。

■大竹を獲得した巨人は本当に失敗だったのか

このように、FAでの人的補償で移籍した一岡が活躍したこともあって、大竹の獲得は失敗であったとよく言われる。

特に移籍初年度は期待されていたほどの投球を大竹ができず、逆に一岡は広島の勝利の方程式の一角として防御率0点台を誇るなど、大きな活躍を見せたこともあり「一岡の人的補償で移籍した大竹」などと揶揄されたりもしていた。

しかし大竹の獲得が巨人にとって失敗だったかと言われると、決してそうではないと筆者は思っている。なぜなら、大竹が移籍したその年に巨人はリーグ優勝を遂げているからだ。

2014年のシーズン、前半戦は広島のペースであった。2番菊池涼介、3番丸佳浩という強力タッグが誕生し、4番に座ったブラッド・エルドレッドが打ちに打ちまくり首位を独走。しかし、広島は前田健太、大瀬良大地、ブライアン・バリントンの三本柱はあったものの、次に続く先発投手が不足している感は否めず、エルドレッドの不振も相まって後半戦に失速していく。

先発不足から中継ぎ投手陣への負担が大きくなったのも、失速の原因のひとつであり、前年に2桁勝利を挙げていた大竹が抜けたことは、広島にとって非常に大きかったのではないだろうか。確かにその分、一岡という新しい戦力が加わったのではあるが、この年の一岡は怪我のために1年通して活躍することはできていない。

大竹はなんだかんだ言ってもこの年は9勝を挙げており、22試合に先発するなど1年通してローテーションを守った事は非常に大きかったと言えるだろう。この後の活躍と年俸を考えれば、確かに釣り合っているとは言い難いが、もし大竹が広島に残留していたとなれば2014年の巨人のリーグ優勝はなかったかもしれない。

それを考えれば、大竹の獲得は十分に有意義だったのではないだろうか。一岡を広島に取られたのが痛かったという話はもちろんあるが、そもそも一岡をプロテクトしていなかったのが悪かったとも言えるだろう。

■大竹自身にとってFAは正解だったのか

では4年で年俸がおよそ半分になってしまった大竹自身にとって、巨人へのFA移籍は正解だったのであろうか?

まず、受け取っている金額の総額を考えれば巨人へ移籍して正解だったと言えるだろう。移籍前の2013年も大竹は1億円という年俸をもらってはいたが、広島に残っていれば2016年まで同じ1億円だったという保証はない。2億円と言われている契約金も、もちろん無いのであるから、いくら来シーズンが5250万円の年俸だったとしても、という話ではある。

また、主力選手として優勝を経験できたということも大きいだろう。去年今年と広島は2連覇を果たしているが、2015年以降は広島も先発投手陣が充実しており、もし広島に残っていても、大竹がこの2シーズン主力選手という扱いだったかはわからない。今シーズンあたりは一軍での登板さえ無かった可能性もある。

そう考えれば、大竹のFA移籍というのは巨人にとっても大竹自身にとっても、また一岡にとっても成功だったと言える、と筆者は考えるのだがどうだろうか。

大竹は来年どうするんでしょうか…。カープ復帰か。

いつも動画をみてくださり、ありがとうございます。感謝です。

【チャンネル登録よろしくお願いします】BY カープBOY

画像&文章引用元:
https://bbcrix.com/articles/70628/original

カープ 菊池信者が絶対に言おうとしない3つのこと

【男気伝説】元広島の黒田博樹がイチローに指摘されても断固として直さなかった「癖」

いつも動画をみてくださり
ありがとうございます。感謝です。

黒田さんが現役時代にやっていた癖とは…

2016年7月21日 11時30分 Sports Watchより引用

広島の黒田博樹がイチローに注意されても直さない「癖」

20日深夜放送、フジテレビ「村上信五とスポーツの神様たち」では「黒田博樹マニア王決定戦」と題し、広島カープ・黒田博樹を愛してやまないファンや芸人らが知られざる黒田のエピソードを紹介している。

「男気な一面」がテーマとして挙げられると、出演者の一人、Big-Pig神田カープ本店・竹内宏和氏は、ピッチャーライナーの際に黒田が右手を出し素手で捕ろうとしてしまう”癖”について語った。

「普通よけますよね」という竹内氏は、「コーチの方や監督に“怪我したらどうするんだ、頼むからやめてくれ”と何回も言われているんですけど、その都度言う言葉がありまして“俺が右手を出さないときは現役を引退する時だ”と」という黒田の信念を紹介。

「イチローがメールを送ってくるらしく、“右手出す癖を止めたら?”って送ってくるんですけど、“すいません”と言うんですが(黒田は)やっぱり変えない」といったエピソードも付け加えた。

また、続いて登場したお笑い芸人・ゴッホ向井ブルーも、黒田の“ピッチャーライナー”について。
「2009年8月15日のダイヤモンドバックス戦、黒田さんが投げていたんですけど、代打で出てきた(ラスティ)ライアル選手のピッチャーライナーを頭部に受けちゃった」と切り出したゴッホ向井は、「黒田さんを怪我させてまで僕はメジャーで野球をやりたくない」と謝罪したライアルに黒田が返答した言葉を紹介。

この時黒田は「僕が将来引退したときにライアルっていう素晴らしい選手にピッチャーライナーを頭に受けたと、いつか自慢できるくらい素晴らしい選手になってくれるよう頑張って」と言って、自分が負傷したにも関わらず、相手選手を気遣ったという。

さらにフリーライターの森田和樹氏も黒田の“ピッチャーライナー話”を紹介したが、「最近ですと後ろに菊池(涼介)選手っていうすごい守備の人がいる。

右手を出して捕れなかった球をなぜか菊池さんが捕っちゃうんで、(黒田が)“右手出さなくていいんじゃない?”って(思うようになっている)」とオチをつけ、岡田圭右から「何しにきたんやお前は」と突っ込まれてしまった。
…………

黒田氏の男気伝説たくさんありますね。
いつも動画をみてくださり、ありがとうございます。感謝です。

【チャンネル登録よろしくお願いします】BY カープBOY

画像&文章引用元:
http://news.livedoor.com/article/detail/11789855/https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2015/09/11/0008387915.shtml?ph=1