[広告] 楽天市場

  • フランク三浦 腕時計 CRAP カープ 菊池涼介 選手 コラボウォッチ 赤 背番号 33
  • 【CARPグッズ】広島カープ CARP×TIPS A6ミニノート 菊池涼介選手 CP-AN-004 ★きくちりょうすけRYOSUKE KIKUCHI背番号33番内野手/広島カープデザイン広島カープグッズ/HIROSHIMA CARP×TIPS赤ヘル/A6サイズのリングノート★【3cmメール便OK】
  • 【メール便送料無料D】広島カープ 応援歌 福袋【菊池 選手 応援歌 +ネーム 刺繍ワッペン 】計2点セット☆菊池涼介/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/ユニホーム/プロ野球/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【中古】【未使用品】【DVD】元気丸特選2014 菊池&丸&大瀬良&堂林・・・カープ黄金期再来の序章//HTVDVD-10/(4560347860133)
  • 【CARPグッズ】広島カープ CARP×TIPS レターセット 菊池涼介選手 CP-PR-002 ★きくちりょうすけ選手RYOSUKE KIKUCHI背番号33番内野手/赤ヘル広島カープデザイン広島カープグッズ/HIROSHIMA CARP×TIPS/お手紙セットレターパック★【3cmメール便OK】
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン CARP ryosuke 菊池 】応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ


カープ 菊池 関連ツイート

野球なんだけもクソにわかだから選手なんかしらないし一番好きなカープも新井さんと菊池涼介と丸と鈴木と大瀬良くらいしかしらんから
RT @YS758: ドラゴンズ田島投手
 侍ジャパン練習。投内連携の練習もあり、同級生のカープ菊池選手からは「ぶーちゃんカモン! ぶーちゃんカモン!」。すっかり『ぶーちゃん』というニックネームが定着しているのかと思いきや…
「菊池、何か言ってましたけど、何言ってるか全然分から…
RT @ZieScgZ7CdKA4fb: ⚾#HappyBirthday⚾
3月11日は#菊池涼介 選手の誕生日!!🎉
みんなでRTして誕生日を祝おう!!🎉
RTの目標は誕生日の3月11日まで100RT!!
#菊池涼介誕生祭
#3月11日までに100RT
#カープ https:…

カープ 菊池のセール情報を特集、お気に入り通販ショップを見つけましょう

平和公園の向かいで待つこと約1時間。
ようやく始まったパレードにも私がいるところに一行が到着するまでしばしの待ち時間、パレードの生中継をスマホのテレビで試聴。隣にいた小さな女の子(とお母さんたち)に見せてあげつつの待機だったから退屈もせず。

最初の車に乗ってきたのはカープのマスコットキャラクターのスラィリー

お次は緒方監督

そしてようやく選手たちが乗ったバスが。
最初はMVPの丸ちゃん、神ってる男の鈴木誠也、そしてキャッチャーの石原さん。

慌てて写真を撮ったから若干被写体間違えてるっぽいけどw

薮田くん、ほんと真面目そうになったよね

新井さんと菊池くんは一生懸命手を振ってくれてた!サービス精神旺盛な人たちよね。新井さんへの声援が一番多かったなぁ。但し男性ばかりだったけどw

田中広輔くんはテレビで見るよりも近くで見た方が断然イケメンだった!セクシーさを感じる人だった!!私が男の人を見てそんなこと思うんだって、自分でもちょっとビックリ!

今年は大活躍だった安部選手も声援は多かった。やっぱ活躍した選手は写真を撮っても目立つなぁ

あれれ、中崎くんの乗ってた便の写真がない、、保存がうまくできてなかったのかなぁ。残念

安仁屋さん。にわかの私には何者かよくわからないけど、カープを扱った番組にはよく出てるおじさま。ピンぼけしちゃった。

そして鈴木福くんwこのあともずっとこっち向いてめっちゃニコニコしながら手を振ってくれてた!福くん可愛い!!

今日の広島のテレビ番組は10時半にはEテレを除く民放4局にNHK、そしてこの表にはないけどケーブルテレビの放送まで、広島の全ての局でカープのパレード生中継になってたよwwwこれには広島人もビックリw

来年もまた、今度は日本一になったカープのパレードが見たいな♪

カープ 菊池がオーストラリア人に大人気

ええ話や!


「本当に浅はかだった」広島・赤松選手、がん闘病を発信し続ける理由 テレビに映る「プロ」だから…

2/16(金) 7:00配信 withnews

2017年のカープ連覇。シーズン中の出場はならなかったが、菊池涼介選手と肩を組んでファンにあいさつした=2017年9月18日、甲子園球場、朝日新聞・上田潤撮影

 広島カープの赤松真人選手(35)が、前例のないがんからの1軍復帰を目指しています。「2人に1人ががんになる」と言われても、どこか他人事だったという赤松選手。がん治療についての取材をできるだけ受け、病気について発信を続けています。「独りで乗り越えていくにはつらい病気」ということが、誰よりも身にしみた日々。それでも1軍をめざす理由を聞きました。(朝日新聞科学医療部記者・水野梓)

【マンガ】麻央さんが救ってくれた、私の心 〝30秒で泣ける漫画〟の作者が描く

同世代の「胃がん」にショック
 赤松選手の病気が発表されたのは2016年12月末のことでした。25年ぶりのリーグ優勝を成し遂げ、広島や全国のカープファンがわいた直後のことです。

 今年33歳の私は赤松選手と同世代。「胃がん」という病名を聞いてショックでした。

 2005年に阪神入団、2008年から広島でプレーし、試合終盤の代走や守備固め、チームのムードメーカーとして欠かせない存在だった赤松選手。カープファンとして、その活躍を追いかけていた一人でもありました。

 競争の厳しいプロ野球の世界。そんな中、突然、チームから離れることになったのです。

「1年前は考えられなかった」
 そんな状況の中、赤松選手はスポーツ紙のインタビューに答えたり、ブログを書いたりして発信を続けていました。赤松選手の言葉に触れるたび「自分なら、こんな風に病気に立ち向かえるだろうか」と考えさせられました。

 がんは2人に1人がかかる病気です。でも、若い年齢では、自分のこととして考えにくいのも事実です。病気のつらさ、1軍復帰をめざす赤松選手の姿は「がんとともに生きる」ヒントがあると感じ、取材を申し込みました。

 取材日の今年1月15日、広島県廿日市市の大野練習場。この日、合同自主トレがスタートしました。赤松選手も、丸佳浩選手やドラフト1位で入団した中村奨成選手らとランニングやノックなどで汗を流しました。

 その後のインタビュー。赤松選手は、やわらかく笑いながら語りました。

 「チームメートと野球ができることが、本当にうれしいですね。1年前は考えられなかったんで」。

「本当にたまたま見つかりました」
 赤松選手は「自覚症状もなくて、本当にたまたま見つかりました」と明かします。

 例年、健康診断を受けている医療機関で妻が胃カメラの検査を受けることになったため、「ただ待っているのもな」と考え、自身も受けることに。すると胃がんが分かりました。

 国が指針で定める胃がんの検診の対象者は50歳以上です。

 それでも赤松さんは「あのとき検査しなかったら、40歳まで生きられなかったんじゃないですかね」と振り返ります。

他人事だった「がん」浅はかだったな
 当初は、悪いがん細胞でもないと説明を受け「胃を少し切って、それが治ればチームに合流できる」と考えていました。

 そもそもがんは「他人事」だったと言います。

 父が肺がんになっても「生活習慣を見直して、早く治さないと」と励ましていました。

 「今なら、ひどいことを言っていたな、と思います。『2人に1人ががんになる』というのを新聞で知って、『自分だけはならない』と考えていたのは浅はかだったな、と思いました」

 ただ、「抗がん剤治療がつらい」という知識だけはありました。リンパ節への転移が判明し、医師から「抗がん剤治療が必要だ」と言われたときが一番ショックだったそうです。

「強制的にインフルエンザにされてる感じ」
 抗がん剤は、再発率や生存率を聞いて、半年間に点滴と飲み薬を併用する治療を選びました。

 治療が始まったその日に、がくっと体調が落ちる。「強制的にインフルエンザにされてる感じです」

 赤松選手は「このしんどさを『分かってくれ』って言っても、そりゃあ分からんわって話じゃないですか。でも、妻は分かろうとしてくれてた。なのに、自分が当たってしまうこともあった。妻には感謝しかありません」と振り返ります。

「生きてるー?」菊池涼介選手からのLINE
 働く世代にとっては、がん治療と仕事の両立や、治療後の就労など、さまざまな問題があります。

 赤松さんは「会社員の知人から、仕事が休めないので抗がん剤治療をしながら働くと聞きました。自分は治療に専念できたので、もっと頑張らなければと思っていました」と話します。

 そして、がんを「独りで乗り越えていくにはつらい病気」と表現しました。

 治療中には、カープの菊池涼介選手が、LINE電話でこまめに連絡をくれたそうです。

 「『生きてるー?』ってかけてくるんです。その確認いります?って思いますよね(笑)。でも励みになりましたね。テレビ電話なんで、元気な姿を見せようとして振る舞うと、そのあともちょっと元気なんですよね」

「結果を残して。そこから1軍に」
 2017年の1年間は1軍の試合でプレーできず、連覇を見守る立場でした。

 いまだに手足には抗がん剤の副作用のしびれが残り、胃が半分しかないため食事の量にも気を遣います。「やりすぎもよくない」という調整も試行錯誤です。

 1軍復帰を望むファンの声も多く聞こえますが、赤松選手はたんたんと語ります。

 「1軍で活躍することが、同じ病気の人やけがと闘う人にとっても、いちばん勇気を与えられると思っています。でも、がんだからといって、僕だけ特別にジャンプアップして1軍、というわけにいかないんで。まずは2軍にいって、そこで結果を残して。そこから1軍に復帰したいなと思っています」と冷静に見つめます。

闘病発信、テレビに映る「プロ野球選手」だから
 やわらかい語り口の中に、赤松選手の芯の強さや野球への真摯な思いがひしひしと伝わってきて、私が励まされるような思いでした。

 赤松選手がなぜ、がん闘病について発信を続けるのか。そこには、自分がテレビに映る「プロ野球選手」という仕事をしているからこその思いがあるそうです。

 「『赤松頑張ってるやん、それなら僕も、わたしも頑張ろう』と思ってくれたらうれしいですね」

「カムバック賞」は……
 仕事に打ち込んでいる現役世代にとって、自分ががんになることは想像しにくいかもしれません。私もそうでした。

 がんの正しい知識を持って、自分のこととして考えておくことが大切だと感じます。国立がん研究センターのがん対策情報センターのサイトにある「がんと仕事のQ&A」は「診断されたらはじめに見る」と銘打ち、参考になります。

 インタビューの終わりに、けがや病気から復帰した選手に送られる「カムバック賞」に話を向けると、赤松選手は笑いながら言いました。

 「狙ってとるものじゃないですけどね。でも、1軍復帰したら、もらえるんじゃないですかね」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000003-withnews-sci
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000003-withnews-sci&p=2
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180215-00000003-withnews-sci&p=3
——国立がん研究センター
がん対策情報センターのサイト
「がんと仕事のQ&A」
https://ganjoho.jp/public/qa_links/brochure/cancer-work.html—