[広告] 楽天市場

  • EPOCH2017 広島東洋カープ ホログラフィカコラージュ No.HC-8 菊池涼介
  • EPOCH2017 広島東洋カープ レギュラーカード 写真違いb No.26b 菊池涼介
  • 【SSK】エスエスケイ 少年軟式木製バット プロモデル 菊池モデル sbb5007-rk
  • BBM2013 広島東洋カープ Soul of Carp No.SC8 菊池涼介
  • EPOCH2017 広島東洋カープ ホログラフィカ No.H14 菊池涼介
  • BBM2013 広島東洋カープ Soul of Carp 50枚限定パラレル No.SC8 菊池涼介


カープ 菊池 関連ツイート

超絶美技 菊池涼介のスーパープレイ集 広島カープryosuke kikuchi 2017 https://t.co/TFdQVwF1F5
RT @YS758: ドラゴンズ田島投手
 侍ジャパン練習。投内連携の練習もあり、同級生のカープ菊池選手からは「ぶーちゃんカモン! ぶーちゃんカモン!」。すっかり『ぶーちゃん』というニックネームが定着しているのかと思いきや…
「菊池、何か言ってましたけど、何言ってるか全然分から…
RT @ZieScgZ7CdKA4fb: ⚾#HappyBirthday⚾
3月11日は#菊池涼介 選手の誕生日!!🎉
みんなでRTして誕生日を祝おう!!🎉
RTの目標は誕生日の3月11日まで100RT!!
#菊池涼介誕生祭
#3月11日までに100RT
#カープ https:…

カープ 菊池スイッチ!BSS

ま、全ては3対4で迎えた6回裏の「無死満塁の拙攻」なんでしょうけどね。バティ四球、新井さんのレフト前ヒット、西川四球で無死満塁。こっから8番9番に代打攻勢。が、これが全然「代打攻勢」にならず。岩本と小窪が連続三振。で、頼みのコースケもショートゴロ(泣)。また「ラミレス采配」が炸裂し、1イニング4人投手を継ぎ込んでのゼロ封じ。というか、シーズン中はあんなに層が厚かった代打陣。いつのに間にこんなに頼りない布陣になっちまいましたかね・・・。ここにきてつくづく誠也と安部の怪我、エルドの離脱がじわじわボディブローのごとく効いてきてます。 しかし、痛かったななぁ・・・岩本とボボの連続三振(泣)。ともかくバットには当ててくれや・・・ホンマに。ボボさんのスイングも情けなさ過ぎでしたぞ。そんなビビって振ってるんならフェニックスリーグから坂倉クンでも呼んだ方がええんじゃないかと思っちましたが(泣)。岩本クンもねぇ・・。オヌシの「人生の勝負」の場面だったと思うぞ、あそこは。がっくしの溜息しか出ませんでしたわ・・。 1回裏の攻撃を見た時には、2日雨で流れて漸く打線もお目覚めか?と思ったんですけどね。コースケ四球、菊池が送って丸が2ラン。松山ツーベースで、新井さんがタイムリー。更には西川もヒット。怒涛の攻撃でウィーランドに襲いかかっての3点先制。ただ、ここもね、シーズン中の鯉ならば打者一巡で5点取ってた感じでしたよね。間に入ったバティスタとアツの三振は「乗り切れない鯉打線」を暗示してたかのようでしたわ。 そっから5回まではウイーランドに手玉に取られて全くの音無し。初回に40球近く投げてる投手を6回まで投げさせちゃったんですからね、「最後まで殴り続ける打線」はどこにいってしまったのか。で、7回からは今永、手も足もです、9回はヤスアキ、手も足もです。う~ん。どうにもこうにも「固まって」しまいましたな・・・。 ま、とはいえね、そんなガチガチ打線でも、今日はちゃんと初回に3点取ってくれたんですよ。極端な話、後はゼロ封されようが、筒香に一発食らおうが、それでも「3対1で勝てる試合」でもあったんですよね。実際に6回からの今村・一岡・ジャクソン・中﨑はゼロ封リレーしてる訳ですからね。 やはり今日の試合のポイントは「打者」ウイーランドへの投球だったように思いますわ。ま、この男の打撃の良さについては鯉ファンは皆痛い目に合ってますから、よう知ってますわな。大瀬良なんざ2本ホームラン食らってるし。下手すりゃ明日もチャンスに「代打」で出てきますよ、マジで。 だけどね、とはいえヤツは「投手」なんですよ。大谷クンみたいに二刀流で日々練習してる選手ならいざ知らず、「ボクは昔は野手経験もありまして、バッティング大好きなんです」レベルのあくまで「投手」なんですよ。そりゃ小生も過日のブログで怒りのままに「次にウィーランドに打たれたら鯉バッテリーとバッテリーコーチは皆で坊主頭にしてくれや」とは書きましたが、なんなんですかね、今日の、まるで「怪力外人助っ人ホームランバッター」と対戦してるかのような投球は・・・。 1安打に2四球。3度とも出塁。 これって、「逃げてる」んですかぃな?どうせ外人助っ人と対戦するつもりで投げてるんならば、もっとガンガン胸元へ投げ込まんのですかね。なんだかね、敗戦した腹いせもあるのかもしれませんが、この対戦が、無性に腹が立ったんですわ。 一事が万事、全体にそうなのかもしれません。このCSファイナル、投手も野手もガンガン「攻める姿勢」が足りない気がします。それこそ、上から目線で相手を「飲んで」かかり、「舐めて」かかり、かかってこいや!で、がっぷり4つになっても絶対に負けないんじゃワシらは、という自信やプライド。それが消えてしまっている気がします。 誠也・安部・エルドと怪我人で実際に戦力ダウンしているせいなのかもしれません、長らく実践から遠ざかっていた負い目なのかもしれません、日本シリーズ出てあたりまえ、タクロー河田の花道、というプレッシャーなのかもしれません。 監督采配?ま、それはこの際、関係ないんじゃないですかね。確かにラミチャン采配は怖いくらいにバシバシ当たってます。でも、鯉は、采配が下手くそ(・・・まぁその側面も多々ありますが)というよりは、野手も投手も選手自身が「受け」に回ってしまっていて、攻める姿勢が見えてこない、そして選手自身が「動けてない」のが実際のところの気がしますわ。 泣いても笑っても崖っぷちで迎える1戦。陳腐な、月並みなコトバで言えばもう「開き直る」しかございません。パリーグは柳田が復帰したソフトバンクが日本シリーズ進出を決めました。小生は絶対に「広島対ソフトバンクの日本シリーズ」が見たいんですわ。崖っぷちのセリーグ王者さんよ、ここでこそ見せつける場面じゃないんですか。 「逆転の広島」を。 鯉諸君よ、明日も全力で応援する鯉ファンの力を信じて、セリーグ王者の「攻める姿勢」を見せてくれ。 がんばれ広島カープ! ↓クリックお願いします。
にほんブログ村

カープ 菊池 ドリンク・メッセージ

今年複数年を結ぶなら3億1000万弱での攻防になったはずなのだが、複数年契約を球団が提示する事はなかった。 今までそうだったから、という今までの形を踏襲したフロントではあるが、来年以降の争奪戦を考えれば複数年契約を提示すべきだったように思う。 FA前の単年契約で2億円越えを果たしたのは、野手では金本現阪神監督(2001年)以来、チームでは2006年の黒田氏以来という事で、7000万円UP、チームMVPという言葉に加え、過去の超一流選手とほぼ同等の年俸をFA前に確保したと言える。 来年オフ、他球団は3億5000万前後の3~4年契約を提示してくるであろう中で、今年にその争いを何とか防ごうと動けなかった球団フロントの姿勢は、残念であったという一言である。 お金が欲しいならおそらくFAをするであろう中で、カープは指導者手形以外の提示で残留させる事が出来るのであろうか?。ある程度の覚悟をしておく必要がある。 契約更改で丸選手は現状Aランク1位となり、もう一人の来季FA取得の松山選手の年俸は6500万円(現状9位) 更改していない選手達は現状10位以内の菊池選手、今村投手、新井選手であるが、実はもう一人大瀬良投手が11位以下にいる。 大瀬良投手が年俸6500万円以上で契約をすると、松山選手は11位でCランクになってしまう。この辺りの危機管理を実施できるかにも、今後の更改に注目ですね。