[広告] 楽天市場

  • NEW ネームシャープペン (シャーペン)田中/梵/堂林/丸/大瀬良/野村/中崎/新井/菊池/鈴木誠也選手広島カープ オリジナル 選手応援 広島東洋カープグッズ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン 菊池 ネーム】菊池涼介/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【メール便対応】丸天産業 プラスティックレターセット 菊池涼介選手 CP-PR-002
  • 【メール便可】広島東洋カープ CARP×TIPS クリアファイル 菊池涼介
  • 【中古】スポーツ/レギュラーカード/EPOCH ベースボールカード 2017 広島東洋カープ 26b [レギュラーカード] : 菊池涼介
  • 【中古】スポーツ/レギュラーカード/EPOCH ベースボールカード 2017 広島東洋カープ 26 [レギュラーカード] : 菊池涼介(★★★)


カープ 菊池 関連ツイート

RT @ZieScgZ7CdKA4fb: ⚾#HappyBirthday⚾
3月11日は#菊池涼介 選手の誕生日!!🎉
みんなでRTして誕生日を祝おう!!🎉
RTの目標は誕生日の3月11日まで100RT!!
#菊池涼介誕生祭
#3月11日までに100RT
#カープ https:…
RT @ZieScgZ7CdKA4fb: ⚾#HappyBirthday⚾
3月11日は#菊池涼介 選手の誕生日!!🎉
みんなでRTして誕生日を祝おう!!🎉
RTの目標は誕生日の3月11日まで100RT!!
#菊池涼介誕生祭
#3月11日までに100RT
#カープ https:…
RT @ZieScgZ7CdKA4fb: ⚾#HappyBirthday⚾
3月11日は#菊池涼介 選手の誕生日!!🎉
みんなでRTして誕生日を祝おう!!🎉
RTの目標は誕生日の3月11日まで100RT!!
#菊池涼介誕生祭
#3月11日までに100RT
#カープ https:…

カープ 菊池 人生を走り続ける人々へ。

今日の試合後に真っ先に脳裏に浮かんだ思いは、一昨年のスワローズが優勝マジック1で迎えたカープ戦のことである。

この日のことは、自分の誕生日とスワローズ14年ぶりのリーグ優勝決定日が重なるかもしれないと思っていた為、良く覚えている(自分はこの日に現地観戦できなかったが、結果的にはこの敗戦によって、リーグ優勝を決めたタイガース戦を観ることができた)。

以下に一昨年の試合後にアップした内容をリブログする。

一般的には今日の試合で、カープの連覇が決まると思う向きが大半だった筈である。最下位のスワローズ相手ならカープは勝つだろうが、台風接近による雨天順延が心配という向きが多かったかもしれない。

だが、試合はやってみなければわからないものである。一昨年と逆のシチュエーションとなった今日の試合だが、結果は一昨年と同様に目の前でのリーグ優勝決定を阻む形となった。

マツダスタジアムで開催されたカープvsスワローズは、5-4でスワローズ勝利。スワローズの借金は43となった。

今日の試合は、リーグ優勝のかかる試合だった為、普段以上にアウェーの状況でスワローズは戦う格好となった。自分自身、カープがリーグ優勝を決めた1986年の神宮球場スワローズ戦を外野席で観ていて、普段とは明らかに異なる雰囲気を感じたことがある為、スワローズには勝って欲しいものの、苦しい試合となることは覚悟していた。

スワローズ先発の小川投手は、立ち上がりは良かったものの、3回と4回に2失点して、4回4失点で降板。

試合後に小川投手の右肘に問題があったことが報じられ、残り試合の登板は厳しくなった。これで球団史上初の2年連続で二桁勝利を挙げた投手が不在という状況となる。

この段階でスワローズは3点ビハインド。今季のスワローズは先制されると非常に厳しく、昨年から苦手とするマツダスタジアムでの試合でもあった為、本当に苦しい状況となったように思った。

だが、今日のスワローズ打線は、3回に2点先制された直後に、山田選手のタイムリーツーベースで1点を返し、4回に更に2失点した直後に、中村選手がソロホームランを放って2点差と迫った。

そして、7回に西浦選手のヒットと山崎選手のツーベースによる二死二、三塁で、代打の大松選手がセカンド菊池選手の横を際どく抜いた同点タイムリーを放った。久々のタイムリーが、このリーグ優勝のかかった試合で出るのだから、野球は面白いものである。

8回には今村投手からリベロ選手が安打を放った後に中村選手、西浦選手が連続四球で一死満塁として、奥村選手が犠牲フライを放って勝ち越した。個人的には西浦選手、奥村選手の粘り強さを感じられたシーンだった。

今年のスワローズの戦いの中で、ビジターゲームで序盤の3点ビハインドを跳ね返して逆転まで持ち込むような試合は、なかなか思い浮かばない。そんな戦いぶりをリーグ優勝のかかる試合で観せるのだから、本当に不思議なものである。

そんな戦いをした一因が、小川投手の後を継いだ石山投手、近藤投手、秋吉投手、ルーキ投手の4投手がカープ打線を無失点に封じたことである。

特にルーキ投手は9回裏に一死一、三塁の同点、サヨナラ負けのピンチの局面まで追い込まれながら、丸選手と代打のエルドレッド選手を連続三振に切ってとって見せた。自らの打球処理もピンチを招く一因となったが、土壇場でクローザーらしい投球だった。

今日の試合はスワローズがチャンスを逸する局面もあったのは確かだが、個人的にはリーグ優勝のかかる異様な雰囲気の中で行われた試合で勝って、目の前での優勝決定を阻止したのだから、本当にナイスゲームだったと思う。

40以上の借金を抱えたスワローズが、連覇目前のカープを相手に、ビジターゲームで3点ビハインドを跳ね返して見せたのだから、個人的には痛快な勝ち方だった。

明日の試合は台風接近の為、開催が微妙である。その為、今日の試合にスワローズが勝ったことで、目の前で胴上げを見せられる可能性が減ったように思う。

カープにとっては、今日の敗戦は痛くも痒くもないかもしれない。だが、スワローズファンの1人としては、スワローズに意地を見せて貰った感のある大きな勝利である。弱小と称された時代でも、何とか一矢報いようとした戦いぶりを思い出せたからである。

にほんブログ村

カープ 菊池を知り尽くすあなたのページ