[広告] 楽天市場

  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン 磯村 シルエット】磯村嘉孝/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン 磯村 名前】磯村嘉孝/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン 磯村 ネーム付シルエット】磯村嘉孝/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン 磯村 ネーム】磯村嘉孝/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン CARP yoshitaka 磯村 】応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン #40 磯村 ナンバー】磯村嘉孝/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ

世界一の「カープ 磯村」へ

7月7日(金) ヤクルト対広島 14回戦  11勝3敗

 

広島   000 100 206 9

ヤクルト 200 230 100 8

 

勝 ジャクソン 2勝2敗1S 

S 今村 1勝1敗17S

敗 小川 4勝3敗

 

先発の戸田、一発満額回答を希望しましたが、残念ながら落第点でした…。

 

初回に山田に2ランを浴びるも、3回に松山の通天閣打法で打ちあげた打球がそのまま本塁打。

1点を返すも、その直後、野選で1点を失い、ここで踏ん張って欲しかったが適時打を打たれ3点差。

 

5回は打順が戸田から。4回投げ切って降板と思ったらそのまま打席に送る。

4点失っても戸田にこの試合を託そうとするベンチの意図が伝わったし、個人的には嬉しかった。

 

昨年はプロ入り初完投勝利をおさめるも、便利屋を卒業し、ローテーションで独り立ちへ。

そう思った矢先の怪我での離脱、そしてキャンプインしても調整不足でファーム降格と残念すぎる戸田。

 

そういう投手がファームでしっかり結果を出して、ようやく掴んだ今季初の一軍マウンド。

4回4失点しても5回を託す。そこまで信頼している戸田でしたが、5回の先頭の投手・原にヒット。

 

もうガッカリを通り越して激怒。せっかく貰ったチャンスをフイにするとは本当に情けない。

そこから山田、バレンティンに適時打で、試合は1-7。どう考えてもほぼ決まってしまったかに見えた。

 

7回に先頭の磯村が出塁すると、代打・バティスタが見事な右打ちでチャンス拡大すると、

田中、菊池の連続適時打で2点を返し、4点差まで詰め寄って、まだファイティングポーズを崩さない。

 

しかし、その裏に2番手・九里が犠飛で1点を返されて、また5点差となっての最終回。

代打で入っていたバティスタの第2打席目、マウンドにはライアン小川。初球を振り抜き、本塁打。

 

とは言ってもまだ4点差。九里をあと1イニング早く入れていれば勝てたのかと思っていたら、

一死から今度は菊池に一発。3点差。そして6月の月間MVPの丸が四球を選ぶと空気が変わる。

 

4番・誠也が繋げれくれればと思ったが、中飛で二死。万事休すかと思ったが、松山が粘った。

追い込まれながらもファールで粘って、6球目を弾き返してこれで2点差。一気に分からなくなってきた。

 

続く西川が快足を飛ばして二塁への内野安打で出塁して、ここで千両役者・新井さんの登場。

点差が開いて家路に着いた人いるだろうと思ったが、最後まで逆転を信じるファンの多さには驚いた。

 

まるでマツダのような大歓声が彼の背中にパワーを乗せたのか、打球はバックスクリーンへ。

普通ではあり得ないはずもない、まるでマンガのような逆転劇。まさに逆転のカープ、ここにあり。

 

ここで打てば3ランで逆転。誰でもそう思うが、それをやってのけるのは容易なことではない。

 

西川に変えて代走・野間。同点の走者を二塁へ行かれたくない心理もあったはず。

盗塁阻止へ直球勝負を選択させた、ベンチワークが導いた新井さんの3ランと言っても過言ではない。

 

打つべく手がしっかりハマったが、勝ち越し直後に守護神・今村が準備が出来ているかと言うこと。

 

それも心配ありませんでした。いつもは一人ぐらい出して「安定の4者凡退」と思うところが、

今日はあっさり二死を奪うと、今日打たれまくった山田を三振に抑えて試合終了。劇的な逆転勝利。

 

今季が終わって優勝すれば、今日の試合は間違いなくターニングポイントとなる試合となるでしょう。

 

今日、一番悔しい思いをしたのは戸田かも知れないが、誠也も戸田に匹敵するほど苦しんだ。

序盤で彼に一本出ていれば、ここまで僅差もなかったし、また戸田も粘り強く投げれたかも知れない。

 

4番・誠也は怪我さえ無ければ外せないだろうが、松山も今日は抜群の活躍を見せてくれた。

誠也と松山で4番をキッチリと競わせれば、間違いなくリーグ優勝、連覇への道も見えてくるはず。

 

4番としての先輩・新井さんの今日の逆転3ランから学ぶ部分もあったと思う。

苦しんだ分だけ、人はそれだけ大きくなれる。誰もが認める4番像へ厳しい道を歩んでもらいたい。

 

一度失敗しても次で取り戻す。その気概がないとプロとして大成は難しいだろう。

悔しさをバネにして、次のステップへ進む成長こそが、チームの成長、勝利へ直結すると信じたい。

 

「諦めたら試合終了」それを体現した、新井さんへ改めての賛辞を贈るとともに、

悔しい思いをした若武者の更なる成長を祈らずにはいられない場末書店の店長でした。

 

 

 
Amazon

 

↓クリックして頂ければ、幸いです。

にほん

カープ 磯村がゆとりになる。

途中から ごっそりメンバー変わりました。

板倉じゃないよ、坂倉くん。
低めの球をすくいあげて タイムリー。
上手い!
磯村くんに刺激、石原さんにも刺激。
明日の試合で いろいろ決まる。
岡田くんの投球でCSの先発ローテが決まる。
セカンドとショートとセンター以外は流動的?
チーム内競争が熱い。
ライバルに負けたくないと思う気持ちが またカープを強させる。