[広告] 楽天市場

  • スラッシャー THRASHER PENTAGRAM コーチジャケット THRASHER LOGステッカープレゼント ウィンドブレーカー 正規品【RCP】【コンビニ受取対応商品】
  • NORTH WEST RIDERS ノースウエストライダース コーチジャケット スリムフィット JAPAN LIMITED ジャパンリミテッド 正規品 グラトリ レッツトライ
  • NORTH WEST RIDERS ノースウエストライダース コーチジャケット スタンダードフィット JAPAN LIMITED ジャパンリミテッド 正規 グラトリ レッツトライ
  • サッカー ポロシャツ 【プーマ puma Power 半袖スウェットシャツ】 サッカーウェア 半袖シャツ メンズ サッカー プラクティスウェア 902393
  • アパレル カジュアル ジャケット メンズ ニューエラ NEW ERA Hooded Coach Jacket フーデッドコーチジャケット 11474166 11474164
  • 【卒業記念品】【ネーム入れ可能】【先生、監督、コーチへ】モルテン molten サッカー Jリーグ唯一の公式用具 サッカー審判員用ホイッスルの最高峰 バルキーン サッカープロセット RA0030-KS 卒団記念品

誰も知らない夜のカープ コーチ

「ビッグレッドマシン打線」。1996年のカープ打線はこう呼ばれた。当時、私はまだ小学生だったが、この頃のカープの打撃陣の凄さはよく覚えてる。

メインラインナップは以下の通り。

1. 緒方
2. 正田
3. 野村
4. 江藤
5. 前田
6. ロペス
7. 金本
8. 西山
9. 投手

書いているそばからワクワクするような打線。とてつもないメンツである。代打には町田や浅井などの勝負強い選手も控えていた。ちなみに、この年のカープは圧倒的な攻撃力を誇りながら投手陣がピリッとせず、3位に終わってしまう。巨人にメイクドラマを起こされたのもこの年だ。
この後、カープは長い低迷期に入り、優勝は2016年までお預けとなったのは言うまでもない。
そして今、カープの打線は1996年のビッグレッドマシンに匹敵する、いやそれ以上の攻撃力を見せている。今のメインラインナップは以下の通り。
1. 田中
2. 菊地
3. 丸
4. 鈴木
5. 安部
6. エルドレッド
7. 松山
8. 會澤 or石原
9. 投手
上の打線に加え、日替わりで昨年MVPの新井さんが入ったりする。ベンチには西川、堂林、野間、ペーニャらが控える。
こう見比べると、ネームバリューで言えば1996年の打線の方が豪華に見えるかもしれないが、実質的な攻撃力は今の方が上のように思う。
まず1番の比較では、盗塁数は圧倒的に緒方が上だが、1番打者に最も必要な出塁率は田中が上。しかし長打力は緒方が上回るため、緒方に軍配があがる。
2番は、全てにおいて菊地が上だろう。正田はかつて首位打者、盗塁王をとったことがある好打者だが、既に全盛期を過ぎていたのが惜しまれる。
3番は丸だろう。もちろん野村は素晴らしい打者だが、出塁率、長打率の両方において丸が上回っている。
4番の比較は難しい。江藤はホームラン打者でありながら、四球もしっかり選べるし足も速い。鈴木誠也も同様だ。ただし、確実性で言えば鈴木が上回るため、鈴木を推したい。
5番は前田だろう。安部は現在首位打者だが、前田は高打率かつ長打もそれなりに打てるからだ。
6番は激戦だ。どちらも超優良助っ人である。ただし、現在ホームラン数、出塁率、長打率で首位に立つエルドレッドを推したい。
7番は金本。これは説明は必要ないだろう。
8番はこの年に限れば西山だろう。三割を打った恐怖の8番打者だった。
こうして比較すると、4勝4敗となりドローとなった。ただし、2017年の方が上位打線、クリーンナップが強力であり、破壊力があると思う。層の厚さも2017年の方が上だと思う。
いよいよ本題に入るが、去年からカープ打線は、一部でビッグレッドマシンガン打線と呼ばれている。1996年カープのビッグレッドマシン打線と、1998年横浜のマシンガン打線を足したようなネーミングだ。しかし、このネーミングには重要な意味がある。
それは、石井琢朗コーチの存在だ。
石井琢朗氏は1998年のマシンガン打線を1番打者として牽引した。そして晩年をカープで過ごし、現在は打撃コーチとしてカープ打線を支えている。
つまり、今のカープ打線は、ビッグレッドマシン打線に伝説のマシンガン打線の血が入った、「ビッグレッドマシンガン打線」なのだ。
こんなすごい打線が誕生した時代に、カープファンとして立ち会えたことは幸福としかいいようがない。今後も、カープの強力打線に注目だ。

ついに登場!「Yahoo! カープ コーチ」

今年のプロ野球の全日程が終了しました!

カープは4位の結果に終わりました。
優勝を目指して戦ってきましたが逃し、CS進出も逃し、悔しいシーズンになりました。
たくさんのファンの方に応援して頂き、球場にも足を運んで頂きカープを応援してくれてありがとうございました!
個人では
最多勝
沢村賞を受賞させて頂きました!
一人の力ではなく
監督、コーチ、チームメイト、裏方さん、トレーナーさん、グラウンドキーパーのみなさん、
応援してくれたファンのみなさん
いつも支えてくれた家族に
感謝の気持ちでいっぱいです。。
2015年のシーズンもいい事、悔しい事
たくさんありました。
最終戦のファンのみなさんの声援は忘れません。
ピンチになった時の声援、拍手に力をもらいました。
マウンドで鳥肌がたちました。
感謝です。
シーズンは終わりましたがプレミア12があります。
日本代表としてしっかりと勝利に貢献できるように、
みなさんの期待に応えられるように頑張ってきます!
最後に
今年も一年、たくさんの応援ありがとうございました!
毎試合マウンドに上がるたびにたくさんの声援を頂きありがとうございました。
感謝
広島東洋カープ
18  前田健太