[広告] 楽天市場

  • カープ 選手フォトキーホルダー梵/堂林/丸/大瀬良/黒田 選手新井(貴)*/菊池/一岡/野村/各選手*新井選手は新デザイン広島カープ オリジナル 選手応援 広島東洋カープグッズ
  • カープ公認グッズ オリジナルポロシャツ/広島東洋/カープ/carp/選手/一岡/野村/堂林/おすすめ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン #30 一岡 ナンバー】一岡竜司/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン 一岡 名前】一岡竜司/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン 一岡 シルエット】一岡竜司/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ
  • 【メール便送料無料D】【広島カープ 刺繍ワッペン 一岡 ネーム付シルエット】一岡竜司/応援歌/ユニフォーム/カープ/優勝/広島東洋カープ/カープ女子/プロ野球/刺繍/刺しゅう/ワッペン/応援グッズ

カープ 一岡のよろこびを

何から言っていいのかわからん試合です、阪神先発小野に5回まで1安打の打線(しかも5回表の安部のヒットがチーム初ヒット)

 

しかしカープ先発中村も2回に2点は失ったものの調子は良かったと思います、テンポも良かったし5回までは2失点以外は良く抑えたと思います。

 

さてポイントは6回の攻防でしょう、阪神先発小野は当然6回表もいきます、ここをゼロに抑えれば阪神の勝ちパターン継投に入れるわけで自身プロ初勝利も見えてくる大事なイニング。

 

しかしカープも1番田中からの好打順、この田中を出すか出さないかで決まりかと思ってましたが小野が田中を見逃し三振に切って取る、最後は逆球だったが審判がストライク判定でした。

 

これで小野のプロ初勝利が見えてきたかと思いきや、カープ打線も3回り目となると簡単にはいかないんですよ、2番菊池がセンター前でまず出塁、続く丸も初球をレフト前で1死1、2塁とチャンス拡大。

 

まあそう簡単に青写真どおりにいかないのが野球というスポーツ、この回をせめてリードで終われば阪神の勝ちは初戦のようにグッと近づくんですから、継投のタイミングの難しさもベンチは感じていることでしょう。

 

ここで4番誠也ですが小野はまだ続投、正直変えるならここでスパッと変えたほうが良かったんではないかと思いましたけどね、ルーキーを過剰に信用しては後々困ることとなる。

 

ここで誠也がライト前へタイムリーで菊池生還でまず1点、これで点差も1点となり阪神ベンチもさすがに小野を諦めて左の高橋を投入。

 

結局阪神は勝ちパターンの桑原、マテオ、ドリス以外はあまり信頼を置けないピッチャーばかりみたいで、この3連打で高橋も正直急仕上げだった感が否めない、松山に対してストレートのフォアボールで満塁としてしまう。

 

これでは何のために出てきたのか全く意味がない、これで阪神はしかたなく桑原を前倒しで6回ワンアウトから投入せざるを得なくなる。

 

ここでバッターは新井、桑原の球は非常に打ちにくいです、ストレートも動くしね、しかしここは勝負強い新井が追い込まれながら外の変化球を拾ってセンターへ持っていく、浅めのフライだが阪神のセンターは西岡、丸も当然スタートでホームインで同点、正直西岡の肩ではセンターから刺すのは無理でしょう、大体が内野手ですしね。

 

これでとりあえず追いつき、しかも桑原を前倒し登板させたことで継投にも狂いが生じる、流れはカープに来たと思ったんですが、今度は6回裏中村祐太が先頭の上本にいきなりのレフト線ツーベース。

 

続くロジャースにフォアボールを与え、ノーアウト1、2塁とピンチを作ってしまう、ここで勝ち越されたらさっき追いついたのが無駄になってしまう、ここでこっちはスパッと中田廉に変えました。

 

ここで中田、一岡とどちらでもいける強みが阪神よりはカープにありますね、ここで中田が福留にいきなりボールスリーと苦しいカウントにしてしまうが、ここからフルカウントへ戻してのライトフライに打ち取る。

 

ここからが圧巻です、まず中谷にオールストレートで空振り三振、続く鳥谷にもオールストレートで空振り三振と2者連続三振で上本の盗塁、大山の盗塁全く無視のピンチ脱出、今日の廉のストレートは凄みがありました、このピンチをしのいだのは非常に大きかった。

 

そして7回表阪神は当然桑原の回跨ぎ、今までだと7回限定セットアッパーなわけでこの回またぎがどうでるか非常に注目でした。

 

カープの先頭バッターは會澤、まあアツもスイングが鋭くてネクストにはバティスタが控えていましたがここでアツが桑原のストレートをとらえてセンター前ヒットで出塁。

 

当然代打バティスタは取りやめて送りバントできる天谷を代打に送る、ここはきっちり送りバントを決めて1死2塁。そして先発小野にはまったく合ってなかった田中が桑原のストレートをセンター前へ。

 

この当たりでセカンドからアツが一気に生還で勝ち越し、センター西岡はまたもバックホーム及ばず、アツでも生還しちゃうんですからセンター西岡(しかいないのかな)ってのもどうなんですかね。

 

まあそれはいいとして、ついにカープが1点勝ち越し、これでこっちが勝ちパターン継投に持ち込める。そのあとの菊池、丸と抑えるあたりは桑原も並みのピッチャーではありませんね、丸の当たりは強烈なファーストライナーで惜しかったんですが。

 

これで7回裏は一岡投入、しかし阪神も今ノリに乗ってる糸原からの打順、何と言ってもこの3連戦9打数7安打の大暴れですからね、今の阪神にはなくてはならない存在になってきた。

 

しかしここは5球目のストレートをショートゴロで打ち取ったと思いきや、なんと田中がファースト悪送球、これが糸原の足の速さが田中に焦りをもたらしたか、さっき勝ち越しタイムリー打ったのに霞むやん広輔!

 

こうなると先ほどのカープと同じく梅野が送って1死2塁、ここで代打高山です、一岡も今日のストレートのノリは中田に負けていない、ストレートでグイグイ押すが高山も粘る、途中フォークを見せるがこれもカットしていく。

 

しかしこのフォークで意識を低めに持っていったことで最後は高めのストレートを空振り三振でツーアウト、9球粘られたがこれで次は西岡。

 

まあ1塁は空いているとはいってもわざわざ逆転のランナーを出す必要もないということで西岡勝負で間違いはなかったと思います、ここで一岡のフォークをうまく拾ってセンター前へ丸のダイビングも及ばず同点タイムリーとなってしまった。

 

これはまあしょうがないと思ったんですが、それ以上に打った西岡が興奮してるのはわかるが一岡に何かわめいているんですよ、明らかに何か言ってました。

 

インコースの厳しい攻めに対してなのか、敬遠せず勝負してきたことに対してなのか、よくわかりません、ただ明らかに一岡になにかわめいているんです。

 

そのあと1塁へ牽制球を投げたあとも何かわめいていました、なんなんですか?コイツ。ただのチンピラやん、コイツ興奮するとチンピラになんの?前もあったよなデニー友利相手にベンチから文句言ったり、球界では先輩やろ、ありえんよな。

 

まあそんなチンピラが初球スチール
かますけど、あっさり會澤が刺して盗塁死、ハッキリ言っとくわ、こんなチンピラがわめいたり、まだ同点なのにスタンドへガッツポーズ連発したりしとるからこれからとんでもないことが起きちゃうんだよ。

 

ハイ、8回表です。お待たせしました、阪神はマテオでもう得点はやらない継投です、先頭バッターは誠也、フルカウントからの6球目をピッチャーゴロ、これをマテオが処理できず焦ってファーストへ投げるが悪送球、誠也は1塁ストップですがノーアウトのランナーが出る。

 

続く松山は9球粘って最後はレフトへ大きなファールフライでワンアウト、この松山の粘りが効いたのか、続く新井は初球を右中間ど真ん中へ弾きかえす、1塁から誠也が一気の生還でまたも勝ち越し4−3とリードを奪う。

 

ここからもう止まりません、安部がライト前タイムリーで代走野間が生還で5点目、會澤がレフト前で1、3塁となったとこでマテオをノックアウト、ピッチャーは山本に変わりました(諦めた?)

 

代打に岩本がスタンバイしてましたが、代打の代打でエルドレッド登場、しかしフォアボールで満塁。阪神も内外野前進守備ですが田中が2ボールからのど真ん中のスライダーをライト戦へ走者一掃タイムリースリーベースで8−3、まだまだ続く菊池がセンターへの犠牲フライで9−3、チンピラはバックホームの体制にも入らず。

 

もうツーアウトなんで山本も打たせりゃいいと思うんですが丸にフォアボール、すかさず丸盗塁のあと誠也がライト前タイムリーで10点目、そして松山のとこで代打バティスタ。

 

もうホームランでも打って、終わりにすっかと思っていたら思いっきり打ち上げてしまったショートフライ、ショート糸原がしかしフラフラしながらなんか危なっかしい、風で流されているのかこのフライをまさかの落球、しかも捕球するとき足をひねったか膝をやっちゃった感じで倒れこんでしまった。

 

当然ツーアウトなんで誠也はスタートを切っておりホームインで11点目、糸原は自分で歩くことができず、まさかの担架で運ばれてしまう、ショートには大和が入ったが、阪神にとっては悪夢の8回表の8失点、しかしそれ以上に痛い糸原の怪我。

 

まあもう勝負ありなんですが9回表にチンピラがセンターフライを落球という、まあピッチャーに罵声を浴びせるような人間ですからこういうことになるんでしょうね、野球の神様はちゃんと見てます、そっから3点追加し14−3で爆勝でした。

 

正味6回までの試合と、7回以降の試合が別物になってしまったような感じもありますが、阪神側のダメージは相当なものがあるでしょう、ただ幸いに次の相手がヤクルトですからそこは一筋の光明があるような気がしますね。

 

ただそのヤクルト戦で負け越すとかしちゃうと、ヤクルトの負のエネルギーが全て阪神へ行ってしまうかもしれませんのでお気をつけください。

 

とにかく西岡の態度にスゲェ腹が立った試合だった、なんか西岡が戻ってきてから糸井、糸原と怪我してるけど戻ってきて正解だったの?

 

まあちょっと俺も暴言ばっかになってるな失礼いたしました、この辺にしときます。

 

それでは。

 

 

 

 

 

 押していただけるとブログ書くはげみになります。

押していただいた方ありがとうございます!

カープ 一岡は一日一時間まで

ベンチに残った選手はピッチャーの中田廉のみ、野手を11回で全て使いきって怪我人がでることだけが心配でしたがなんとかまかなった。

 

まあどう考えても負けパターンだったんですよ、6回の1死1、3塁で桑原を前倒しで投入しエルドレッドをショートゴロ併殺で押さえ込まれ厳しい展開。

 

7回裏も桑原の回跨ぎで三者凡退、8回裏はマテオ、1番からの好打順だったが広輔がフォアボール選ぶもキクマル誠也が音なしで敗色濃厚。

 

しかし9回裏ドリス、昨日は全く打てる気しなかったが、今日のドリスは制球も悪く攻略できそうな雰囲気はあった、すると先頭の新井がしぶとくセンター返しでセカンド内野安打で出塁、しかし点差は3点、とにかくランナーをためないとならない。

 

すると続くエルドレッドもドン詰まりながらもパワーでセンター前へ持って行き無死1、2塁とチャンス拡大。

 

ここでバッターは安部なんだが、今日のドリスは制球が悪いの前の2人見てればわかるだろう、いきなり初球を1、2、3でのストレート狙いでワンバウンドの球を空振り。

 

とにかく繋ぐことが大事な打席なのにもう少し考えなさいな、次の2球は選んで2ボール1ストライク、初球見逃してりゃボールスリーだったのに4球目はまたボール球を空振りと追い込まれてしまうと安部にドリスのストレートは打てず三振、もう少し何とかできたんじゃないのか安部に反省を促す。

 

もう3点差を追いつくには代打攻勢、會澤に代打松山から来た。先に西川かと思いきや松山で一気の同点スリーラン狙いの采配?しかしこの采配が功を奏した。

 

追い込まれながらも低めの難しい球を1、2塁間突破のタイムリーヒットで1点を返す、エルの代走上本も3塁へ行き1死1、3塁とチャンスは続く、ここで松山に代走野間を送り込んだ。

 

ここで9番ピッチャーのところで代打西川、ここでもドリスはボール先行の苦しいピッチング、ファーストランナー野間の動きも気になってか落ち着きもないように見えた。

 

カウントがフルカウントとなったこともカープにとって好都合となったこれで野間はスタートを切れるからである、フルカウントからの7球目を振り抜くと打球はセンター右へのタイムリー、上本が還って1点差、スタートを切っていた野間が一気に1塁からノンストップでホームへ還ってくる同点2点タイムリー。

 

ドリス攻略で一気の同点劇、チャンスを新井、エルの大砲が作り、ベンチに残っていた上本、松山、野間、西川で決めた、しかしこの野間の激走の間に西川がセカンドへいっていないんですよ、ファーストコーチャーの玉木コーチがセカンド行かなきゃ、と喜びより苦言を呈していたのが印象的でした、そう同点にはなったが勝つために先の塁を狙うを西川が怠ったほうがコーチとしては残念なんでしょう。

 

こうなるとサヨナラのチャンス、田中がセーフティーバントで面白いところに転がすがドリスがベースカバーの森越にトスでツーアウト、だが森越が田中の走路に重なって2人が交錯でもつれて倒れてる間に西川は一気に三塁へ。

 

2人とも怪我とかはなさそうでしたが、こういったプレーがあるから西川がセカンドへいっていれば一気のサヨナラだったかもなぁと思わずにはいられない、まあセカンドにいたら田中は打っていたと思いますが。

 

しかし2死ながらランナー3塁、菊池にヒーローチャンスが来たんですけどねぇショートゴロで同点止まり。もう一回セーフティーバントとかでも面白いと思ったんですが、菊池が今日はブレーキでした。

 

なんとも9回の裏に選手をほとんどつぎ込んでしまい、残った野手は石原は會澤の代わりにマスクをかぶるので、第3キャッチャーの白濱だけとなってしまった。

 

しかしピッチャーは勝ちパターンの投手を使い切った阪神と違い、勝ちパターン投手しか残っていないカープの方が有利かと思った、打者も福留以外は守備固めで引っ込めていたし。

 

石原をキャッチャーで6番に入れてレフトに8番に野間が入った、とにかく野手がもういないのでこれしか手が打てない、本当なら菊池のトコにピッチャーを入れてセカンド安部、サード西川とかで西川を残しておきたかったような気もするんだが難しいトコ。

 

10回表は中崎、2死から福留にヒットは許すが危なげなくゼロに抑える、こうなれば10回裏は3番丸からだからサヨナラの期待も膨らむ、しかし阪神に救世主、左の岩崎が出てきた。

 

この岩崎がこのクリーンナップをあっさりと三者凡退に切って抑える、いい意味での開き直りがあったのか素晴らしいボールをズバズバ投げ込む。

 

こうなると昨日乱調だった今村が11回表はいく、中谷を1球でショートゴロ、鳥谷をハーフスイングで三振(これはラッキーと思った)大和をショートフライで流れを渡さず。

 

11回裏も阪神は岩崎を続投、石原からだがどん詰まりのショートフライ、サヨナラの石原も今は鳴りを潜めたか、しかし続く安部がレフトオーバーのツーベース、これはレフト中谷のミス、打った瞬間中谷前進しましたので意外に伸びた安部の打球が捕れるはずもなく長打にしてしまった。

 

願ってもないチャンスだが、野間にヒーローチャンスも粘ってセンターフライ、安部もたッチアップできず。そして今村のところで最後の野手白濱を代打に送る、これで怪我人出たらどうすんねやと思いつつ、白濱がなんと三遊間真っ二つのレフト前ヒットしかし外野は前進守備でさすがに河田コーチもここはストップせざるを得ない、安部の勢いは凄かったんですけどね、中谷の暴投を信じて回してみても良かったかも。

 

そしてトップに返って、田中ですが岩崎もさすがに落ち着きがなくなってきた、結果白濱のセカンド進塁とかもあったが田中フォアボールで満塁、またもサヨナラチャンスで菊池という、しかし今日の菊池は大ブレーキ、このチャンスもタイミングがあわないのか三球三振と菊池らしくない。

 

とにかく負けをなくすため12回表は一岡登場、阪神は代打西岡という一岡との因縁の対決ですがここは一岡があっさり三球三振で一蹴、それよりも大山ですね一発もありますし気をつけなくてはいけない、しかし大山が粘って9球目のフォークを右中間へ誠也のダイビング及ばずスリーベースヒットとなってしまう。

 < /p>

1死3塁のピンチで俊介、スクイズもあるかと思いつつ、内野も前進守備、一岡も2球で追い込み最後はセカンドへのゴロ、阪神もイマイチ策がないのか俊介にそのまま打たせるだけでしたね。

 

そして阪神も最後の野手原口を代打に送る、がここで一岡がストレートで押しまくってセカンドフライ、ピンチ脱出で負けを消した。

 

そしてクリーンナップからの12回裏最後の攻撃、ピッチャーは高橋、バッターは丸ですがセンターフライ、丸が出ていれば面白かったんですが、ここでピッチャーは松田に交代。

 

阪神も打つ手がないので、残ってるピッチャー出してくだけなんですがカープにも決め手がないんですよ、誠也がフォアボールで出ますが新井が大きなレフトフライ、そして石原ですのでどうにもならない、誠也が盗塁を決めますが最後は中途半端なスイングでファーウルチップ三振でゲームセット。

 

まあよく追いついた、今日はそれだけで満足しよう、サヨナラ見たかったみなさんも3点差をドリスから追いついたということでスッキリしないとこもありましょうが我慢してください。

 

まあ野手を使い切ってしまったのでお互いに決め手をかいてしまったか、それでもカープの方が有利だと思ったが岩崎の好投にやられてしまった。

 

まあこの展開でドローに持ち込んだので十分でしょう、初回ツーアウトから4点取られた時点で今日はもうアレかなと、思った人も多かったでしょうから、この引き分けは阪神の方が痛いわけですしね。

 

まさに総力戦でしたね、もし石原が塁にでたら中田廉が代走に出たかもしれませんし、チーム一丸となってのナイスゲームだったと思います。

 

ただ移動日ナシで次は横浜とか、しんどい日程ですね、しかし明日は高橋樹也がプロ初先発、敵地と条件は良くないが巡ってきたチャンス、最短でモノにするかまたプロの厳しさ教えられて下にいくか。

 

とにかく腕振って會澤か石原のミットめがけて思い切り投げるだけ、初勝利で左の先発に名乗りを上げろ。

 

タナキクマル元気ないぞ、若いピッチャーに早め援護たのむでー。

 

それでは。

押していただけるとブログ書くはげみになります。

押していただいた方ありがとうございます!