[広告] 楽天市場

  • 【面白】神ってる Tシャツ3L・4Lサイズ[ギフト 贈り物 プレゼント]神ってるTシャツ メンズ レディース tシャツ 流行語 広島東洋カープ 鈴木誠也 神 Tシャツ 神Tシャツ 宴会 野球 WBC ギャグ パロディTシャツ おもしろTシャツ 面白Tシャツ 面白いTシャツ
  • 2017年セ・リーグ優勝 広島東洋カープ うまい棒30本セット(ソース味)[広島カープ カープ ファン 応援 おもしろ グッズ 菓子 優勝 記念][二次会 景品 ビンゴ 景品 結婚式 イベント パーティ]
  • 広島 カープ梅酒 2017年バージョン 720mlx3本セット
  • V2戦士シリーズ!鈴木 誠也外野手最強軍団!!背番号51 広島カープTシャツ 非公認  レッド【メール便対応送料無料】
  • 【メール便発送OK】アシックス●バッティング手袋 カープ 鈴木誠也選手モデル●両手●BEG160-2314
  • 【SALE】【値下】広島カープ/carpハイクオリティーユニフォーム(ホーム)サイズO背番号51/鈴木誠也【中古】【170530】

Design Your カープ 鈴木誠也 夢ある明日を

カープの連覇、あっさり成し遂げたように思えるがこの80勝以上できるチームが出来上がるには地道な努力があったことを忘れてはならない。

 

カープといえば育成でチームを強くするしかない、マネーゲームに参戦せずFAの出現で育成して育てた選手は出て行く、逆にFA宣言した選手は取らない(取れない)

 

とにかく頼みはドラフトでいい選手を取ること、しかもカープの育成にあっている選手を取らなくてはならないし、大物を競合で取ることも基本避けてきた。

 

それでも今のチームができたポイントのドラフトはというと、2007年がまず上がる。当時はそこまでいいドラフトだったかというと左の大型左腕篠田を獲れたことぐらいだと思っていた。

 

しかしここでの最大のポイントの選手は丸だった、さらに小窪、松山も獲得していたこと、安部もだがそれはちょっと置いておく。

 

そして4年後の2011年ドラフトである、ここで野村祐輔を単独1位指名できたこと・・・よりももっと重要な男を指名しましたよね、そう2位で菊池を指名したこと、ここで菊池と丸との遭遇がまず常勝チームが出来上がっていく第一歩だったのだ。

 

今のチームを支えているのが89年生まれの選手達(菊池は早生まれで90年だが)なのはお分かりのことだと思う、丸と菊池が出会ったことでキクマルの誕生である、そして安部もこの二人に刺激を受けて頭角を現し始める。

 

引きつけられるように2013年田中広輔が3位まで残っているということで指名、これでタナキクマルがカープで揃い踏みになった。

 

東出、梵の怪我により菊池や田中も即戦力で使われ始めるとすぐに頭角を現わす、土台が出来始めてきた。菊池と丸がチームリーダーになる頃にカープは強くなり始めるんじゃないかと思ってはいたが、優勝は遥か先のことと思っていた。

 

しかしタナキクマルの89年組が作った土台に鈴木誠也、松山竜平、安部友裕そしてエルドレッドを始めとする外国人が乗っかってきた、そして一昨年の新井、黒田のカープ復帰がこの89年組をさらなる高みにもっていった。

 

この若き89年組だけでは常勝チームはできなかったであろう、この絶妙なタイミングでの新井、黒田のカープ復帰がベテランと若手の化学反応を起こした。

 

そして2016年、89勝で圧倒的強さでリーグを制覇したのは記憶に新しい、そして経験というのはやはり大きな武器なのだろう黒田が抜けようが、誰が怪我して離脱しようが今年も圧倒的強さで優勝した。

 

必然だったのか偶然がいい方向に回ってきたのか、ファンもこの若きカープ選手達に熱狂的応援で後押しし、ホームでの勝率が圧倒的になったときマツダスタジアムが本当のホームスタジアムになったんだと感じるようになった。

 

当然この強さの裏にはコーチの存在も忘れられない、特に石井琢朗は選手時代からカープに戦う姿勢を注入してくれた、しかし本当にその力を発揮しだしたのはコーチになってから。

 

しかも最初は守備走塁コーチだったが2016年から打撃コーチに就任これもカープ変革に大きな人事だった、そこには守備走塁のスペシャリスト河田コーチがタイミングよく西武から退団しカープに加入したこともあったのかも。

 

そう考えると色んなことが運命としてか偶然としてかうまく繋がってくれた、偶然だとしてもここまでうまくいく偶然などないだろう、これは必然だったと思いたい。

 

琢朗はやはり攻撃型の男、打撃コーチに向いていたのかもしれない、そしてカープのためにここまでやってくれる男気、元々は横浜の選手である、今や完全にカープのタクローになった、前も言ったがカープの生え抜きでもない選手を一番思い入れのある選手になるとは思わなかった、同い年だしタクローには感謝の心しかない。

 

気は早いが黄金時代が来るのか、私はそう簡単にいい事ばかりが続くとは思えない。来年は来年でまた苦しい戦いが続くであろう、誰が怪我するかわからないし、誰が絶不調になるかもわからない。

 

上手くいかないときは何をしても上手くいかない、そんなときもある。今年のヤクルトみたいな事が起こらないとも限らないのだ。

 

サンフレッチェが5年で3回優勝したが、今降格圏のギリギリで戦っている、誰がサンフレッチェのこんな苦しい戦いを予想したか、選手も大幅に入れ替わった、監督の森保一も辞任した。

 

いい事ってのは長くは続かない、しかし野球は各リーグ6球団しかいない、Aクラスをずっとキープする事は数年は続くのではないだろうか、3連覇を簡単に考えてもいけないがカープには可能性を秘めた選手が多い、期待はしていいのではないでしょうか。

 

走れる選手が多いうちはそう簡単に負けない、カープ最大の武器は走る事でなくてはならない、それがあるからこその連覇だったと思う。

 

ダラダラと綴ったが今日はこの辺で。

 

それでは。

 

 

 

 押していただけるとブログ書くはげみになります。

押していただいた方ありがとうございます!

 

 

 

 

 

 

きれいなカープ 鈴木誠也百貨店

広島カープ リーグ連覇!!
昨年25年ぶりのリーグ優勝を果たした勢いをそのままに今年も好調の打線がチームを引っ張り 沢村賞左腕ジョンソンの調子が今一つでも
若いピッチャー陣が台頭し 若き4番鈴木誠也が長期離脱しても代わりの選手が穴を埋める
総合力で乗り越えたリーグ連覇でした

GWの甲子園での3連敗 8月の横浜での3連敗で
大丈夫なのか…と不安にもなりましたけど見事に戦ってくれました 選手の皆様、首脳陣の方々 そして全国の球場を赤に染め上げて懸命に声援を送り続けた(一部のアホどもを除く)カープファンの皆様 本当におめでとうございます☺

しかし、ここで終わりではありません
昨年の忘れ物である 日本一の称号を掴み取る闘いが今から始まるのです
今年こそ日本一となって最後まで笑ってシーズンを締めたいですね!!