[広告] 楽天市場

  • 【送料無料】(まとめ) 三菱鉛筆 水性マーカー プロッキー 詰め替えタイプ 太字角芯+細字丸芯 灰 PM150TR.37 1本 【×40セット】【同梱不可】
  • 【送料無料】(まとめ) 三菱鉛筆 水性マーカー プロッキー詰替えタイプ用インクカートリッジ 太字角芯+細字丸芯 蛍光橙 PMR70K.4 1本 【×80セット】【同梱不可】
  • 【送料無料】(まとめ) 三菱鉛筆 水性マーカー プロッキー 細字丸芯+極細 緑 PM120T.6 1本 【×50セット】【同梱不可】
  • 【送料無料】(まとめ) 三菱鉛筆 水性マーカー プロッキー詰替えタイプ用インクカートリッジ 太字角芯+細字丸芯 赤 PMR70.15 1本 【×80セット】【同梱不可】
  • 【送料無料】(まとめ) 三菱鉛筆 水性マーカー プロッキー詰替えタイプ用インクカートリッジ 太字角芯+細字丸芯 蛍光黄 PMR70K.2 1本 【×80セット】【同梱不可】
  • 【送料無料】(まとめ) 三菱鉛筆 水性マーカー プロッキー 詰め替えタイプ 太字角芯+細字丸芯 黒 PM150TR.24 1本 【×40セット】【同梱不可】

カープ サインで学ぶイスラム教

今日は、曇りのち晴れ。

昨夜から不調のスマホが、

帰りの電車内で完全に壊れたので

撮影した写真は全部パー

帰宅してタブレットで撮影した

本日の成果だけを載せます

タブレットでも風景を撮影しとけば

良かったです。

LINE友に送った写真だけは

転送してもらえたので載せます。

午前中は東京ドームにも行ったけど

時間的に早すぎで

カープの70番の外国人しか来ませんでした。

3時くらいに到着したのは

本来の目的地、両国国技館

本日の成果

カードにはこの3人

花籠親方

玉垣親方

放駒親方

福島県出身元・玉乃島 放駒親方

竹縄親方

荒磯親方

小柳改め豊山関

高安関

大関昇進後はもらえにくくなると思います。

雑誌にもらったのは

輝関

マジックのキャップがかたくて

取れないのを輝関が

取ってくれました。

御嶽海関

嘉風関

高安関

大人気で大混雑のなか

時間の限り神対応

正代関

他は名鑑にもらいました

大砂嵐関

文字を打つのが不馴れで大変。

スマホは修理に出します。

迎えの車を待つ高安関

車が来るまでの間、神対応

カープ サイン、こたえてよ。メールじゃなくて、私の質問に。

本日は、7月20日発売「Negicco 2011~2017 -BEST- 2」の初回限定版についてくるブルーレイ、Zepp ダイバーシティ東京でのライブ上映会だ。

特典会もある。Nao☆ちゃん、ぽんちゃとは生誕祭で、4月、6月にそれぞれコンタクトできたけど、3人との特典会は2月の湯会以来。ワクワクがとまらない。

お台場へ向かう。

このデカい商業施設だけが立ち並ぶ、都心からも遠いのにわざわざ出かけて、デートなどで利用される意味不明の幸せスポット。
これまで数年に一回、Zeppにライブを見に行くだけで、ほとんど縁がなかったけど、去年12月のネギッコ「愛かま」リリースイベント以後、よく来るようになった。

会場のシネマコンプレックスに着き、特典会に参加するための初回盤を予約し、ネギ券を取得。

劇場へ入る。席は、前から6〜7列目のど真ん中、スクリーンの真っ正面。画面を見るには最良席。3人を見るにも非常に良席。まずはラッキーと思った。

3人はまだ登場せず、上映が始まる。
4月28日のライブは、個人的事情もあり、自分にとって色々と遺恨の残るライブだった。
今日は3人に会えるというのが最大の楽しみであったが、このライブをじっくり見ることができるのもやはり重要なポイントだった。

家で1時間以上、テレビの画面を落ち着いて眺めることができない生活、体質にここ数年なっている。

上映中に「コールとかあるのかな?」とか「もしやのラインダンスもあるのかな?」と思っていたけど、一切なし。自分もふくめ皆さん、曲によってやや体を揺らしたりはあった。でも基本は、映画のように画面に集中するのみ。

上映終了。じっくりと色々なことが確認できた。
(※感想については、一応書いたのですが、アルバムが発売されたあとに、ここに追記しようと思っています。)

そして3人が登場。スクリーンと同じラベンダー色のワンピ。やはりかわいい。
舞台から近い距離と思っていたけど、小さく見える。3人とも顔ちっちゃいんだなー、ということを今さら実感。

まずはぽんちゃ。

「みなさん、こんにちネギネギ! Negiccoの〜」
「Nao☆です!」
「Meguです!」
「Kaedeです!」
「よろしくお願いします!」
といつもの挨拶のあと、なおちゃんが、ちょっとちょっとと、かえぽんちゃを呼び寄せ密談。

ぽんちゃ、改めて

「みなさん、こんにちネギネギ!」
「なおです!」
「めぐです!」
「かえでです!」
「Debuccoです!」

本日はまさかの改名披露の場となった。

つかみから、Negicco、いや、Debuccoワールドで大爆笑をさらう。

「皆さん、お気づきだと思いますが、最近、全員太っちゃいましてー」となおちゃんが話し出す。

そういえば、ぽんちゃも生誕祭のビデオで食べまくりだったし、3人とも、食べ物の話題が異様に多いなと最近気づいてきた。
ツイッターでかえぽも、「ふとった」を連発していた。でも、自分にはまったくそれが分からず、むしろ、とくにNao☆ちゃん、「 最近、なんか大人かわいくて、すげーいいなあ 」と思っていた。

ちょっとお肉がつくことにより、自分の好みに寄せてくれてたのか!と嬉しく思った。

「衣装がきつい」など、でぶっこトークが続く。

「最近、着た ふぉるてっしも? ん? フォルテッシモの衣装もきつくて」となおちゃん。
「コンシェルジュでは?」とかえぽんちゃが突っ込む。

 

なおちゃんワールド炸裂!

つい最近のラジオ「ネギスタイル」でも、「和菓子屋」を「駄菓子屋」と本気で間違っていて、二人につっこまれていたことを思い出す。
「言葉さえ感覚でつかむんだなー。すげーな 」と、そういう感性をまったく持ち合わせていない自分は、右脳派の人にはつねに憧れを抱いている。

しばし楽しいトークのあと、特典会。今回は直筆サイン入りのポスターを配布しての、ハイタッチのみとのこと。

1列目のかたから順番にという流れだったが、「今日はハイタッチだけなのでー」という係の人の声を受け、さくさくと列が進む。

「今日はやたら早いなー!これじゃお話できないじゃないか〜。。。とほほ」と思った。でも、徐々にゆっくりになり、ある程度、お話できるスピードになっていった。安心した。

最初のほうは損をする可能性が高い!と学んだ。

しかし、毎度お世話になりますSSさんがのちほど、「いや、最初のほうがじつは良いこともあるんですよ。ひそひそ」と機密事項を教えてくださった。
「それ、まじっすか!」とのけぞった。
特典会、やはり悩ましすぎる。

自分の番が近づき、本日先導役のくまさんと、前の人の会話を聞く。
手に持っている本をさして、「カープ魂って本もらっちゃってさー、ベイスターズ応援しなきゃなんだけどなー」とのこと。ぺーさん著の本と、後ほどググって知る。
その日、自分はソフトバンクホークス柳田選手のTシャツを着ていた。フロントに「NEW YORK CITY」をオマージュした「FUKUOKA CITY」、バックに「GITA」 背番号「9」とプリントされている。

その日の朝コンビニに寄り、「CITY」の「Y」の先端を、緑色の蛍光ペンで塗り、勝手にネギとコラボさせた。

くまさんに「そんな話のところ、すみません。今日はホークスのTシャツなんです」とご挨拶した。

くまさんは「俺も持ってたよ、前のホークスのやつ」と仰った。「まじすか?! FDHのやつですか?」と聞くと、「いや、それより前のやつだなー」と。

「じゃあ南海の〜」と自分が言いかけたところで、「あっ、ほらほら」とかえぽのほうを指さされた。かえぽの前がすでにガラ空きになっていることに気づき、移動。
やはり新潟は水島先生の影響が強いのかなと思わざるをえなかった。

かえぽに「お久しぶりです!湯会以来」と言うと、「あー、湯会!何月でしたっけ?」と聞かれた。2月ですと答えると、それは久々、と改めてお互いご挨拶。

Tシャツのことを何か言われる。自分は今日、これを主張するために着て来たのだ。GWに帰省を兼ね見に行
った福岡のネギで、このTシャツをネタにしようと思っていた。でも特典会はなく、機を逃していた。今日はそのリベンジに燃えていた。

かえぽに、福岡でのライブのことを話した。
「野外のほうで、かえぽがこのTシャツ見て、笑ってくれた気がしたんです〜」
かえぽは「そうだったかもしれませんねえ^^」と笑ってくれた。
今日はかえぽとたくさん話ができたなと満足した。

なおちゃん。やはりTシャツのことをまず言われる。

今日のなおちゃんは、ツインテールの編み込みヘア「フィッシュボーン」がとてもかわいかった。そこを褒めるべきだったけど、頭の中は自分が話したいことでいっぱい。なおちゃんには福岡でのライブについて謝るべきことがあったのだ。

お昼の屋内ライブのとき、なおちゃんがネギッコの自己紹介をして、サトウ食品の話になったところで、「皆さん、お餅食べましたかー?」と客席に問いかけた。
ちょうきょう済みネギファン一堂の「もちろーん!」で、アウェー福岡を震撼させるシナリオがリーダーの中では出来ていたと思う。
しかし、「もちろーん!」が初めてだった自分は、食い気味に「もちろん!」と言ってしまい、一体感を乱してしまった。
リーダーは「はい、そちらのほうから聞こえましたけど、それが聞きたかったんです。すべったところで次の曲!」とMCを終了させた。

大変申し訳ないことをした、、、と恥ずかしかった。東京から来ていた古参ネギファンのかたにも申し訳なく思っていた。あまりの恥ずかしさに、このブログのライブレポートでもその事実を書かず、隠していた。
そのことを話して「ほんとにごめんなさい!」と謝ると、なおちゃんは「そんな、とんでもない!」と逆に恐縮されてしまった。

なおちゃん、優しい。

そしてぽんちゃ。
お話したいことはたくさんあった。生誕祭以降、インスタでいいねを何度か頂いたり、遠隔でもその優しき魔性で心を鷲掴みにされ、思いは募りまくっていた。

 

いつもの笑顔満開を期待していたが、しかし、ぽんちゃさんは何だか拍子抜けしたような顔をされていた。Tシャツのせいなのか、自分の顔を見てなのか、その理由は分からなかった。予想と違う展開に頭が真っ白になった。

でもこれだけは絶対に伝えたいと思っていた、自分の念願を話した。
「このTシャツのNIIGATA CITYバージョンを作ってください。後ろはもちろんNegiccoで!」と。

「はー」ぐらい、ぽんちゃは言ってくれたような気がする。

かえぽ、なおちゃんでうろたえ、ぽんちゃに救われるという、いつもの流れとは逆になった。

 
やや呆然としながら出口へ向かうと、こちらも毎度お世話になっておりますYさんが合流してくれた。
今日の3人について楽しく話し、Yさんの「幸せの充電ができました」という言葉を聞き、自分もやっぱり開演前より楽しい気持ちになってるなと気づいた。
「そうだよな。ワンパターンではつまらない。ちょっとした色々があるから楽しいんだよな〜 」と、特典会にひそむ魔物を改めて感じた。

その後、劇場に戻り3人をお見送りしたあと、SSさん、Hさん、Sさんと渋谷へ向かい、ラーメン屋に入った。

SSさんに「ぼく、あの方にまだ、名前、名乗れてないんです。。。どしたらいいですかね?」と恋のお悩み相談をした。
SSさんは「大丈夫です。勇気をもって言えば、あの方は必ず覚えてくれます!」と励ましの言葉をくださった。

夏らしく4人ともつけ麺を食べたあと、別の現場へとそれぞれ向かった。
Spangle call Lilli lineのライブへ行くSSさん。別れ際、Tシャツが、ボーダーのネギTから、白Tに変わっていることに気づいた。

Sonic Youth、自分が一番好きなアルバムのジャケがプリントされてあった。
 と手を上げ、さよならした。

 

 

ぼくはオリジナルラブを見に、三軒茶屋へ向かった。