[広告] 楽天市場

  • ブレーキ パッド Projectμ(プロジェクトμ) TYPE HC+ ブレーキパッド フロント CR22G/29G タウンエース (ABS付 93.9〜)
  • ブレーキ パッド Projectμ(プロジェクトμ) TYPE HC+ ブレーキパッド フロント RZH111G ハイエース (95.8〜)
  • Projectμ(プロジェクトμ) BooM WAGON ブレーキパッド フロント SR50G ライトエースノア (96.10〜98.11)
  • Projectμ(プロジェクトμ) BESTOP ブレーキパッド フロント CR50G ライトエースノア (4WD 96.10〜98.8)
  • Projectμ(プロジェクトμ) BooM WAGON ブレーキパッド フロント SR40G/41V タウンエース (2WD 96.10〜98.8)
  • Projectμ(プロジェクトμ) BooM WAGON ブレーキパッド フロント CR21G/27V/28G/YR21G ライトエース (92.1〜93.9)

変わらなきゃカープ エース

ソフトバンクホークス、パ・リーグ優勝おめでとうございます
敵ながら、天晴れ
ひょっとしたら、セパアベック優勝だったかもですの⁉️
カープは今日はお預けになったとか…
カープも去年に引き続き、お強いですこと
カープと言えば、いつかはギータもカープへお移りになられるのかしら…
そう
柳田選手もついに30号ホームランをお打ちあそばして、誠にようございました
それも優勝の日だなんて、さすがですのね
まだ、お打ちになられますわよね⁉️
スポーツニュースを拝見していても、大体いつもご登場のギータには「またお打ちになられましたの!?」等と感心させられたりして…
メジャーにはお行きにならないのかしら…
翔平ちゃんは、やはり、いよいよな雰囲気になって参りまして、寂しくもあり、嬉しくもあり…
今日は、日ハムも翔平ちゃんのご活躍もあり、勝利致しました
また、流れを引き寄せたいですわね
それにしても、工藤監督の優勝インタビューの時の涙はグッときましたわ
我々の時代のエースのような存在で、西武で活躍されてらしたのですわね…
何だか、懐かしゅうございます。
工藤さんも優勝監督さん。
凄いですわ
しかし、気づけばプロ野球も佳境に入り、9月も半ばとなり…
シーズンが終わり、クライマックス、そして、日本シリーズへ
わたくしも、これから盛り上がりの時期でございます。
来月も忙しくなりそうです。
楽しみと期待感でいっぱいでございます
まずは、眼鏡👓を換えなくては…
そして、次…
お昼休みでは、結論は出ませぬ
とにかく、ソフトバンク優勝おめでとうございます
日ハムも最後まで頑張りましょう
翔平ちゃんも、どうぞお身体に留意され、素晴らしいご活躍を
今日は腰が痛だるいので、伸ばして…と…
明日の朝も気温一桁
温かくして休みます
ごきげんよう…

話題のカープ エース情報

こんばんは、鯉魂です。



2018年6月が終了。成績確認いきましょう。

(2017年6月終了時 24勝46敗0分 .343)


6月
D 7勝12敗       .368
G 8勝11敗       .421
T 14勝5敗       .737
S 12勝5敗2分 .706
B 6勝13敗1分 .316
C 6勝13敗1分 .316



今月もなんとか勝率3割を維持。交流戦は五分で折り返した5月以降、なんと3勝8敗1分と大失速、結局11位で終わってしまいました。。。(ちなみに最下位は2ゲーム差ついて横浜でした)そのままズルズルとレギュラーシーズンも進み、、、ややかつての「6月の悪夢」を思い出させるような、イマイチ締まりのない1ヶ月となってしまいました。しかし、これでも5位横浜とは0.5ゲーム差、そして驚くなかれ、1位とはなんと13.0ゲーム差しかついていません。もうシーズン半分が終了したのに。そう言うと聞こえはいいですが…

要するに上位チームが早くも潰し合いをしているんですね。6月月間成績を見るとものの見事に1〜4位が急接近。横浜と一緒に置いていかれて、4強2弱の様相を呈しています。大混戦も大混戦。カープは今季はまだ上位に食い込む力はなさそうなので、横浜さん、1人ぼっちにしないでね…?







(2017年6月終了時 3.68 287 631 61 402 188)


(2017年6月終了時 .249 194 593 30 41 34)





投手成績、野手成績ともに先月より悪化。特に野手成績については昨季同時期よりはるかに悪いです。というか今月ついに気が付きました。明らかにチーム愛の低さが影響してる。なんかね、選手の絶不調が頻発するんですよ。デフォルトが不調でよくて普通みたいな。好調とか絶好調なんて、滅多に見なくなりました。それが成績にも反映されているような気がします。ホームラン少ないのとか絶対そのせいだと思う。こういうところ、パワプロのチーム愛ってクソ制度ですよね。





続いて個人成績。

成績と個人的評価(◎○△×)
(カッコ内は6月成績)

投手
先発
宮脇 12試合5勝6敗 89.1/3回 3.43 ○お疲れ気味
        (4試合1勝3敗 27.1/3回 4.61)
新妻 12試合1勝7敗 90.2/3回 2.38 ○誰か援護してやってくれよ…
        (3試合0勝2敗 21.1/3回 3.80)
氷山 12試合4勝4敗 83.1/3回 2.70 ◎完全復活
        (3試合2勝1敗 23.2/3回 3.04)
笹岡 11試合6勝3敗 75.2/3回 2.62 ◎今月荒れるも勝ち頭健在
        (3試合1勝1敗 18.1/3回 5.40)
村本 12試合2勝7敗 70回 5.53 ×まだまだ酷い
        (4試合1勝2敗 26回 4.15)
戸田 8試合3勝5敗 53.1/3回 3.38 ○今月先発で一番安定
       (3試合1勝2敗 20.2/3回 2.61)
中継ぎ
由吉 19試合0勝2敗8HP 18.2/3回 1.93 ◎やっぱり出番が少ない
        (3試合0勝1敗2HP 2回 4.50)
牧 28試合0勝1敗 36.2/3回 2.95 ◎さらに安定感を増した
    (8試合 11回 2.45)
関谷 19試合1勝0敗9HP 17.1/3回 2.08 ◎勝ちパとして躍動
        (6試合5HP 5回 3.60)
松川 20試合2勝1敗5HP 26回 3.46 ○まずまずの成績
        (7試合 9.1/3回 3.86)
神野 13試合0勝3敗2HP 35回 6.17 ×やっと今月結果出した(なお通算)
        (7試合2HP 8回 0.00)
(2軍)
宮部 18試合1HP 21.1/3回 6.75 ×神野崩れた時のバックアップ要員
        (6月登板なし)
抑え
猫林 25試合1勝3敗15S6HP 20.1/3回 3.98 △今月また乱調
        (7試合0勝1敗5S1HP 5.2/3回 6.35)



先発陣に疲れが見え始めています。代わりに中継ぎが少し安定感を増した感じ。猫林は相変わらずの荒れっぷりでヒヤヒヤさせられています。。。やはり全体的に今季は元気がない印象ですね。



野手
1 中 寺岡 .260(292-76)0本13点16盗塁 ○不調続きで成績悪化中
               (.212(85-18)0本1点3盗塁)
2 二 庄司 .270(248-67)0本20点 ○こちらも成績落とし気味
               (.239(71-17)0本2点)
3 三 森井 .294(279-82)4本26点 ◎やっと本来のバッティングが戻ってきた
               (.342(79-27)2本8点)
4 右 衛藤 .256(266-68)4本28点 △もっと長打を打ってほしい
               (.278(72-20)1本12点)
5 左 本橋 .239(243-58)1本9点 ×控えめに言って酷すぎる
               (.154(65-10)0本2点)
6 一 山越 .251(247-62)3本15点 ○成績ただ下がり中
               (.217(69-15)1本2点)
7 遊 鈴木誠 .286(63-18)1本5点 ○柿原不振でついにレギュラー抜擢
                   (.233(30-7)0本0点)
8 捕 高橋 .219(219-48)3本19点 ×イマイチパッとしない
               (.232(56-13)0本5点)
控え
柿原 .219(215-47)0本7点 ×あまりに酷すぎてレギュラー剥奪
       (.179(39-7)0本0点)
土生 .219(105-23) 0本7点 ×本橋とレギュラー併用、どっちも微妙…
       (.237(38-9)0本4点)
野呂 .327(49-16)0本3点 ◎頼れる代打、周り落ち目の中、孤軍奮闘中
       (.308(13-4)0本2点)
井村 .258(31-8)0本5点 △かなり頑張ってると思う
       (.250(8-2)0本0点)
美間 .250(12-3)0本1点 △出番をしっかり活かした
       (.500(2-1)0本0点)
磯村 .000(10-0)0本0点 ×いくらなんでも1本はヒット打てよ
       (.000(4-0)0本0点)
下水流 .176(17-3)1本4点 ?打の方もアピール中
           (.250(8-2)0本0点)



なんかね、、もう全体的に暗い。打線が暗い。点の入れ方が基本的に重いよね。それでなかなか接戦を勝ちきれない感じ。もっと気合い入れてほしい。特に衛藤。去年24本打った勢いはどこいったのさ?







最後に選手紹介のコーナー。

★氷山

2013年ドラ1の大卒左腕。制球力とスタミナ、そして大きな変化球と、その総合力を買われて入団。その全てに磨きがかかり、バランスよく安定感ある先発投手へと成長した。入団1年目の2014年シーズンは先発不足の影響もあり中4日や中5日のヘビーローテションで回される。この年は38試合で2勝21敗と大きく負け越すも、防御率2.80、WHIP1.22と当時の先発陣の中では圧倒的な安定感を誇り、次期エースと期待されるその片鱗を覗かせた。しかし翌2015年以降安定感がなくなる。3年間で防御率が3.60を割ることはなく、特に2016年は24試合で2勝17敗、防御率4.35、WHIP1.52と苦しいシーズンを経験した。

プロ5年目、26歳となった今季は度胸のあるピッチングを披露。安定感を取り戻し4月からずっと好調を維持している。入団当初は次期エースと謳われながらもなかなかその才能が開花しなかったドラ1左腕は、今年こそその期待に応えることができるか。




★宮脇

2013年ドラフト2位入団の大卒左腕、宮脇。氷山と大学時代からの知り合いで、北陸大会では幾度となく対戦しており同期入団となった。氷山が軟投派であるのに対し、こちらは速球派。入団時から150km/h左腕と注目を集めていた。入団1年目の2013年に海外留学で鍛え、氷山とともに苦しい先発事情を支えた。しかし1年目防御率4.61、2年目同3.97と思うような結果が残せず、海外留学は無駄金だったとまで言われるほど。しかし、その年のオフの春季キャンプで落ちる球を習得、悔しさを跳ね除け3年目の2016年についにブレーク。長いイニングを投げられる投手として重宝され、チーム最多投球回で7勝12敗、防御率2.90、WHIP1.19と安定感の良さを披露した。

昨季はまた不安定なピッチングとなってしまうも、現状氷山より評価が高い。今季は上々の滑り出しを見せるも、6月に打ち込まれる場面が目立った。同期の氷山がここまで目覚ましい活躍を見せているだけに、対抗心を持って歯向い、切磋琢磨して成長していくことに期待だ。





以上です!

さて、昨季大ブレーキがかかった7月へ突入。すでに元気がないカープの選手ですが、ここから持ち直せるか。注目です。


では!今回はここまで!!